ユウのよしなしごと|アウトドアブログ

適度なアウトドアで生活を豊かに。

【Rapha】初心者サイクリストが「カーゴビブショーツ」を買うべき理由

スポンサーリンク

先日、久しぶりに大阪へ行く用事がありました。

帰り際、コロナ禍で長い間休業していたRapha大阪が開いたとニュースを(だいぶん前ですが)知ったので行くことに。

Raphaのウェアは2年前に買って以来ず~~~っと愛用していて、洗濯方法にも気を遣いながら大事に使っていましたが、ジャージはともかくビブショーツの色落ちが顕著になって困っていました。

ビブだけでも新しく買おうかなと思い、ちょっと緊張しながらも店のドアを叩くことに。

 

…コロナ対策でドアは開いてましたが(笑)やっぱりいつも緊張するわぁ…

www.yoshinashigoto.com

 

今のウェアが少しチグハグ

現在も愛用している、2年前に買ったウェアがこちら。

f:id:youlin2011:20200711010419j:plain

フライウェイトビブショーツにフライウェイトジャージ。

ちょっと角度が悪くて見えないですが、左腿にピンクの「Rapha」ロゴが打たれています。

上下同色のセットアップで購入したところ20%オフになったのでかなり安く変えました。

 

それに合わせ、シューズはシマノの「SH-RP9」のネイビーピンクカラーをチョイス。(さらっと言ってるけどこれロングライド用のハイエンドシューズで、3万円もしたので当時のバイト代が一瞬で灰になりました。猫に小判なのに…)

さらにはグローブもシマノのネイビーピンクカラーのものを探し当てたので、首下からつま先まで同色というなかなかキモい(え?)サイクリストになってしまいました。

「こうなれば、全身同色にしちゃう?」と、なんでも揃えたがりの性格を持つ僕は考えます。揃えたがりの性格ってB型っていうけどね。O型なんですけどね。

 

ネットサーフィンしたところ、やっとの思いで探し当てたのがこれ。

泣く子も黙る世界一「チームSky」(いまはイネオスだけど)が使う「Kask」のプロトーネ!

現行モデルからは無くなってるんですね(Amazonにはありました!)

 

「いやこれもハイエンドやないかい!」と自分でツッコミを入れましたが(?)「ここまで来たからには買うしかねえ…」と自分の性格を恨む僕。

しかも、偶然よく行かせてもらう三ノ宮の「ヤマダサイクル」にこのカラーが一個だけ!置いてあったんですよ!運命?

しかし、いくらカラーがドンピシャといえど、自転車ウェアのなかでもサイズを守らないと万一の時に命を落とすNo.1であるヘルメットは、自分の頭のサイズや形に合うか試着が絶対に必要です…

特にKaskは海外メーカー。いままでOGKやKarmarなどアジアンフィット卍なヘルメットしか被ってこなかったので、恐る恐る試着させてもらうと…

 

 

 

 

はい、合いませんでした…

被ると痛いレベルで会いませんでした。これは諦めざるをえなかったです。悲しい…

 

失意しているうちに昨年の秋が来て、肌寒くなったので「冬用ウェア買うか」…となり、さらに「冬用ウェアの色に合わせてヘルメットも新調するか…」と思い、選ばれたのは再びKarmarでした

カラーも無難にホワイトを選びました。

 

ネイビーとブラックの2色、暖色が一切入らない冬用ウェアに、ホワイトのヘルメットは個人的に結構似合ってたと思います。

 

しかし、4月かな?さすがに裏起毛のウェアだと暑くなったので、ネイビーピンクなRaphaの夏用ウェアをワードローブから引っ張ってくるじゃないですか。

f:id:youlin2011:20200711114204j:plain



ヘルメットのホワイトとウェアのピンク(暖色)がどうも喧嘩する…

カラーデザインの勉強になったとともに、なんか着ててチグハグな感じがして気持ち悪くなってきました。なんとかせんと。

で、Raphaのツイッターを見ると、こんなツイートが目に留まりました。

 「この白ウェアめっちゃええやん」

いかにも涼しげなウェアに心を奪われました。

これとブラックのビブショーツを合わせれば、ホワイトのヘルメットとも調和するのではないだろうか?

 

思い立ったら実践あるのみです。

 

カーゴビブショーツと出会う

いざ入店。Rapha大阪は2階建てで、1階はレディースウェアとカフェ・2階がメンズウェアのフロアになっています。

f:id:youlin2011:20200711013738j:plain

階段を上り2階へ。先客がおり、少し待ちました。

この日の僕の目当ては「クラシックフライウェイトジャージ」と「コアビブショーツ」の2つ。ジャージはホワイトを着たかったので、ビブ部分が目立たないよう白のビブショーツがあればいいなという贅沢な条件でしたが…さらに希望サイズもあるわけで…

 

「申し訳ございません。ビブが白のコアビブは売り切れてまして…」

 

アッまじすか

 

帰るか…と思っていたところ、代替の商品をおすすめしてくださり、「せっかくなら」と試着していくことに。このときはマジで買う気ゼロだったんですが…

 

渡されたのは「コアビブショーツ(M)」「コアカーゴビブショーツ(S)」の2つ。どちらもフルブラックのものです。

特にフライウェイトジャージのような薄い生地だと色によってはビブ部分が浮いてヤバいことになるんじゃないの?と思っていましたが、インナーウェアも黒のモノを着るとビブ含め全部黒になるのであまり目立たなくなるそうです。そういう裏ワザがあるのか。

 

そしてコアカーゴビブショーツ!

カーゴビブショーツとはRaphaが2018年に提唱した「エクスプローラースタイル」のひとつで、ビブショーツの太ももと背中にポケットが2つずつ、合計4つあり、上はジャージでもTシャツでも何でもええで、という気楽なスタイルなのですが。

太ももにモノを入れるとただでさえ太い脚がさらに太く見えてしまうのではないか?と思いあまりチェックしていませんでした。しかも最初は上位グレード品しかなくて、ビブだけで32500円もしていて高かった…

 

いつの間にか、少しリーズナブルなコアシリーズからもカーゴビブショーツが発売されていたのです。

お値段は18500円。だいぶん安くなった。

 

試着する2つは初めて着るコアシリーズのビブ。今まで履いていたクラシックシリーズのビブは、僕が体重のわりに少しお尻が大きいのもあってMサイズでしたが…

「コアは全体的に少し大きめに作られてるのでMサイズなら体重70キロくらいの人を想定しているんですよ」とアドバイスを受け、実際にコアビブショーツ(M)を着ると確かに大きい!というより、股下の丈がクラシックより長い気がする。

 

じゃあ…と思い、コアカーゴビブショーツ(S)を履いてみるとジャストフィット!せっかくなので、腿のポケットにスマホやら財布やらを入れてみます。

 

なんやこれ便利すぎるううううぅぅぅ…

走行中にモノを取り出すとき、背中のポケットからだとたまに手間取ったりするときもあったのですが、レッグポケットならそういった心配もなし。

確かにこれは革命的な商品です。ほかのメーカーが類似品を出すのも頷ける。

 

おまけに?背中にも2つポケットがあるので、ジャージを着たら2+2+3=7つポケットがあることになるんですか?すげえや(さらにジレを足したら7+2=9つになる)。

…そこまで要らないのでTシャツでいいのでしょうね。Tシャツならもっと観光しやすくなるかな?

 

思わぬ発見に大満足。コアカーゴビブショーツをお迎えしました。

Rapha製品は品数が少数なのでビビッと来たら0秒購入が吉です。

f:id:youlin2011:20200711111506j:plain

雨なのでカバーを付けてもらいました

セットアップと実走

f:id:youlin2011:20200711114331j:plain

レッグポケット

f:id:youlin2011:20200711114354j:plain

バックポケット

僕が普段着として使っているモンベルの「ワンポイントロゴTシャツ」と合わせてみました。真夏はモンベルの「ウィックロン生地」のTシャツがあるとめっちゃ快適です。

f:id:youlin2011:20200711114239j:plain



あー、これなら合う… モンベルのロゴがホワイトなのも調和してる。

やっぱりビブの色は無難に黒ですね。その方がトップスの色と喧嘩しなくていい。

これは私服でも黒スキニーが万能なのと同じですね。

 

さっそく、雨上がりを見計らって少しだけ走ってきました。

f:id:youlin2011:20200711112445j:plain

これが、

f:id:youlin2011:20200711112425j:plain

こう!

財布はミニマリスト御用達の「カルトラーレ」。そのほかアブラサスなど薄い財布であればすっぽり入ると思います。

あ、缶ジュースは裂けそうになるのでやめたほうがいいですね( ;∀;)

どちらかというと、レッグポケットは財布よりかは補給食など走行中に取り出したいものを入れるべきかなと思いました。走行中にお金は使いませんし。

フライウェイトビブショーツと比べると少し重く、暑い感じがします。これはメッシュじゃない部分が多いので仕方なし。というかフライウェイトが涼しすぎるんだ…

 

トップスがTシャツになることでジャージと比べてバタつきが出るかな?と思ったんですが、ジャストサイズを着ていればほとんど問題ないですね。

むしろピチピチなジャージより風が入り込みやすく、真夏に少し走る分ならかえって涼しいかも。

 

とはいえ風を切っていくような全能感あるジャージの利便性も重々わかっているので、これはその日のライドの特性に合わせてジャージスタイルとTシャツスタイルを使い分けていこうかなと思います。旅なら絶対このTシャツスタイル使いたい!

むしろ、これだけ買うのもアリ?

はじめてのサイクルウェアを買うなら「このビブだけ買う!」ってやり方もあるのではないでしょうか?

サイクルウェアを買う前に着ている服を思い出してください。

僕の場合、スポーツTシャツに半パン、タイツなど、そのままランニングできそうなカッコウだった気がします。

f:id:youlin2011:20200711115929j:plain

こんな感じ

そのときはポケットがなかったのでウェストポシェットを腰に巻いていましたが、これが蒸れたり邪魔でウザくてウェアを買いました。

 

大体のジャージは1万円前後、ビブも1万円前後で上下合計2万円くらいはします。Raphaで揃えたらコアシリーズでも最安で3万円弱でしょうか?

そこで、せっかくTシャツがあるのなら、このコアカーゴビブショーツだけ買えば安くで事足りるのではないかと思うのです。

上は自由に着たいものを着れるので、これまでのルックスをあまり損なわずに快適に走れる気がします。

(安いウェアは派手なものが多いので、個人的には好きじゃないです…)

ぜひ検討してみてください。

リアルショップは残ってほしい

ほんとはホワイトのジャージ買いに行こうとして、ついでにビブも買おうと思ったのに結局は考えてもなかったものを気に入って買った。

リアルショップでの購入はこういう出会いがあるので面白いです。

コロナ禍で大変だったとは思いますが、これからも残ってほしいです。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました!