ユウのよしなしごと|アウトドアブログ

アウトドアで生活を豊かに。

【Rapha PRO TEAM LIGHTWEIGHT BACKPACK】ミニマルなバックパックがラファから

スポンサーリンク

発売されてから1ヶ月は経とうというものの、あまり注目されていない?Raphaの「PRO TEAM LIGHTWEIGHT BACKPACK」。

 

自転車に乗るときはアンチリュック派だった僕ですが、これはかなり面白い商品だと感じます。

 

今まではサドルバッグを愛用。しかし…

自転車に乗るときに必要な荷物って何でしょうか。

財布、ケータイ、鍵、ポンプ、多少の工具…これくらいはマスト。これらは上手にやればサイクルジャージのポケットやボトルケージに収まります。

 

ですがこれが宿泊を含んだ旅行になると話が変わります。

着替え、充電器、タオル、コンタクトの人は眼鏡や洗浄液…遠くに行っているなら輪行袋も必要ですね。

ジャージのポケットには収まらないため、リュックなりなにかを持つ必要が出てくる。

ですが市販のリュックって重いのですよね。それに、特に夏なんかは蒸れて…自転車通学を経験した高校生は分かるのではないでしょうか。

 

なので、僕は旅行の際は大きめのサドルバッグを使っていました。

f:id:youlin2011:20200417054515j:plain

www.yoshinashigoto.com

 オルトリーブのサドルバッグ(サイズ:L)

 

  • カラー:スレート
  • 容量 :2.7L
  • サイズ:L/H10×W23×D7/16cm※カタログ値参照
  • 重量:330g
  • EPI/IP:IP64
  • 用途/システム:PVCfree
  • ロールクロージャーを採用

容量なんと2.7L。正直ギリギリです。まあこれに入らない量のものはムダと考えるのもアリなんですが、例えば奥にあるものは一回全部モノを出してからでないと取れなかったりとか、不便がないわけではなかったのです。

自転車用リュックがあるのはわかっていたが…

もちろん自転車用のリュックというのは以前からあるというのは知っていました。

ドイターなど。

 

容量は10L前後と十分、なんですが、これは「完全にリュック」なんですね。

f:id:youlin2011:20200417055322j:plain

と思う人もいるかもしれないんですけど

腰のバンドがあるので、つまりはリュックが腰の高さくらいまであるんですな。

登山用のリュックだとこの腰バンドは必須。これがあることで肩と腰でリュックを支えることが出来ます(10㎏以上もあるのはざらです)。

 

なんですが、自転車旅行でそこまでの負荷は背負うべきではないというのが僕の考え。だって腰痛めるじゃんね。

 

なのでしっかりと背負う、というよりかはヒョイと羽織るみたいなリュックがいいな、とは思ってました。

まああとは見た目がアウトドア寄りすぎというか、ちょっと街使いのカラーじゃないという感想。

「背負う」から「着る」へ

そんなところ、Raphaがプロチームシリーズのアクセサリーとしてこのリュックを出してくれました。

ちなみにRaphaでは「プロチーム」「クラシック」の2ジャンルがそれぞれの製品にあって、前者がレース寄り、後者がロングライド寄りの設計になってるそうです。

 

新しいプロチーム ライトウェイト バックパックは、職場までの往復をトレーニングに充てる真摯なサイクリストのためにデザインされました。エアロダイナミックな形状と軽量な構造により、快適性を妥協することなく高いパフォーマンスを発揮。同時に、仕事の必需品を収めるためのたっぷりとした10Lの容量を確保しています。バッグを身体に沿わせてタイトに締め込むことができる調整が容易なストラップを備えており、安全に収納されていることを感じながら全開走行に集中することができます。

メイン素材に使用されている防水生地と、水の侵入を防ぐジッパーとの組み合わせにより、バッグ内部のシューズや着替えなどをドライに保ちます。背負っていることを忘れるほど、幅広タイプのストラップが荷重を拡散します。様々なサイズをカバーする調整幅の広さにより、ダンシング時も左右に揺れにくい確実なフィット感を生み出します。暑い日や高強度走行時には、背中に触れる部分とストラップに採用された軽量なメッシュ素材が通気性を発揮します。また、バッグ下部の大型反射性パネルが薄暗い環境下で被視認性を発揮。職場との往復をトレーニングに充てるあなたに最適なバッグです。

 らしいっす。

機能の詳細は

 ・防水のメイン素材 ・肩から胸にかけて重量を分散するワイドなストラップ

・抜群のフィット感を生み出す調整が容易なストラップ

・余ったストラップを束ねる伸縮性ループ

・被視認性を高めるバッグ下部の反射性パネル ・耐水ジッパー ・左ストラップにジェルや鍵など小物の収納に最適なジッパー付きポケット

・バッグのフィット感を高め、高強度走行時には伸縮する2本の調整可能なチェストストラップ

・背中に触れる部分とショルダーストラップの内側に通気性を高める穴開き生地 ・内容物を見つけやすいハイビズピンクの裏地

・内側には貴重品を確実に収めるジッパー付き小型ポケット ・バッグを掛ける際に便利なループ付き

 らしいっす。

まあ要は10Lの防水ミニマルバッグ、ってことですな。ちなみに重量の記載はありませんでした。

個人的にいいと思ったのは3つ。

1つ目は「腰バンドがないこと」。中身軽かったら別に要らないんですよ。

2つ目は「肩のところにスマホを入れられること」。最近のスマホは防水なのがほとんどですが、雨はともかく汗まみれになるのは避けたいですよね。

3つ目は「ジャージのポケットに被らないこと」。これ案外いいんじゃないでしょうか。リュックを背負いつつ、ジャージのポケットに手が届くのは自転車用ならではだと思いますよ。

f:id:youlin2011:20200417061332p:plain

 

懸念点は結構ストラップがごちゃごちゃしてること。まあ全体格に合わせて販売してるんでストラップの長さに余裕を持たせるのは仕方のないことなんですが、余りに長いとウザいですよね。

これがどんなもんなのか実際に店で見たいんですけど、あいにくコロナでラファ大阪店閉まってるんですよねえ…

 早く現物を見たい!

 

最近はジテツウしなくなりましたけど、講義はPCで取るようになったので格段に荷物が減りました。見た目もこなれてるというか黒ベースで落ち着いてるので、街使いにも耐えるかと。

あとは半日くらいの登山・ハイキングなんかにも使えそうですね。さすがにこれで八ヶ岳とかは難しそうだけどね。

 

まあ14000円とRaphaのリュックにしては案外安価。 おおっ、とは思いつつ実はめっちゃチャチなつくりなのか?とビビっているのでなかなかオンラインでポチれないでいます。

アソスの対抗馬と似てるようで違う

さて、ありえんハイブランドアパレルの巨頭・Assos(アソス)にも「SPIDER BAG」なる自転車用のリュックが存在します。

参考:「待望の復活を果たした、「伝説」のスパイダーバッグ【GTAssosSPIDERBAG】

ASSOSといえば篠さんのイメージ。この方は登山でも使っているようですね。

f:id:youlin2011:20200417062656j:plain

イメージを見ると、ラファ以上に上に位置していることが分かります。

アイテム説明は

ASSOSファンの皆さま、長らくお待たせしました。また、ブランドファンの方でなくとも、このアイテムの必要性は充分に理解していただけるのではないでしょうか。

自転車と切っても切り離せない、そんな日々のライフスタイルを過ごしている方に特にオススメなのが、こちらのバッグ。

これ以上でも、これ以下でもない、まさしくこのサイズだからこそ長らく愛用されてきたのでしょう。まさしく、「着るバッグ」とでも言えるそのフォルムは、体にピタッとフィットし、バックパック特有のライド中の煩わしさがありません。

メインのコンパートメントに加えて、両サイドに小さ目のストレージスペース、さらには背面にもスリット状になったポケットがついており、収納力は抜群。 メインコンパートメントを覆う素材は【RS.STURMPRINZ EVO】と同様の素材でできており、雨に対するプロテクション能力が非常に高くなっています(【RS.STURMPRINZ EVO】のように防水ではありません)。さらに、ストラップ部分は非常に伸縮性の高い素材で出来ていますので、どんな方でも気兼ねなく使用できる設計です。 背中部分は通気性を確保するため、全面メッシュの仕様ですので、汗などを考慮して大事な荷物の管理はしっかりしてくださいね。 一般的なバッグと違い、バックルやハーネスが付いておりませんので、使わない時は非常にコンパクトに折りたたむことができます。これにより、バックポケットへの収納が可能になり、持ち運びも非常に便利です。 まさに、サイクリスト専用設計と言っても過言ではないこちらのスパイダーバッグ。間違いなく重宝するアイテムとなりそうです。

容量:1.8L

 らしいっす。

「着るバッグ」 Raphaやっぱりパクったのかな?(笑)

 

しかし、容量はなんと1.8L!超少ないですね。

 

両社比較すると

 

  Rapha ASSOS
価格 14000 25080
重量 no data 130g
容量 10L 1.8L

 みたいな感じですかね。

アソスは高いし容量も小さいですが超軽量です。ストラップもないみたいなので究極のかたちといえるでしょう。

なので多少のオフィスグッヅなど入れることを考慮したRaphaとはまた違うシチュエーションを想定しているのでしょう。似てるんだけどね。

 

どちらの使用頻度が高いのか、ちゃんと買う前に調べておきたいですね。

 

なんにせよ、早く外で自由に遊べる社会になってほしいものです。