ユウのよしなしごと|アウトドアブログ

適度なアウトドアで生活を豊かに。

初心者が「鈴鹿エンデューロ」8時間耐久に出場してみた。その③(実走編)

 

www.yoshinashigoto.com

意外と時間ない

7時ごろ、受付が始まります。ここでゼッケンと脚に巻くセンサー、そして参加賞が入ったサコッシュを受け取ります。

 

ゼッケンはジャージの背中に安全ピンで留め、第一走者はマジックテープで張るセンサーを脚に巻く。

ドライブトレインと巻き込むかもしれないので、左脚に巻いた方がいいでしょうね。

 

ピットは争奪戦。レジャーシートなどを広げて場所を確保しましょう。

サーキット側に近いほど楽です。

8時にレースがスタートするため、テキパキ準備する必要があります…

 

f:id:youlin2011:20200116112531j:plain

イベントに参加したことがなかった自分にとってはあまりの人の多さに驚愕。

キンチョーしますね…

2周で交代 

 レーススタート。初めはゆっくり走っていきますが、最初の下りに入ったところからスピードがグングン上がります。

 

コースは一周5.8㎞。一周9分切れたら割と早い方らしいです。

 

今回4人でローテするので、1人2周交代にしました。

つまり1回走ると1時間休憩できる計算になります。

早々に脚を攣る 

f:id:youlin2011:20200116112803j:plain

 しかし、意外としんどい…

車中泊に慣れてなくて寝不足なのもありますが、2回目走るときに脚を攣りました(笑)

 

 鈴鹿サーキットのストア側には無料でマッサージを受けることが出来るスペースがあったので、そこで入念にやってもらいました。

参加費1万円払う価値は大いにある

ただ、路面がかつて体験したことがないほど綺麗・滑らかで、走っていて本当に楽しいです!

またタイヤのグリップもすごく効くので、カーブが楽しい。いくらでもバイクを倒せるような、そんな感覚に。

お金払ってまでここで走る価値はありますね。

f:id:youlin2011:20200116113555j:plain

こうして見ると多すぎる()

なんと2ケタ順位 

レース中に鈴鹿エンデューロのWebサイトで自分たちの順位をリアルタイムで見ることが出来ます。

 最初は「8時間走り切れればいいや~」なんて言ってましたが、すこしコツを掴むと順位が上がっていくのが分かり、俄然ファイトが湧くように。

 

最終的にはなんと100位を切ることが出来ました。これにはびっくり。

 

 

f:id:youlin2011:20200116113653p:plain

 

「楽しかったな」という気持ちもありますが

「こうすればよかったな~」とか色々改善点が浮かんできたので、

 

ぜひ来年も出たいな…

 

4時間で…

 

 

 

Fin