ユウのよしなしごと|アウトドアブログ

適度なアウトドアで生活を豊かに。

レザイン・MEGA XL GPSのためにレックマウントを使ってみた。

スポンサーリンク

(なんとなく忙しくてこのブログも消そうか迷いましたが、まだ思うような収益を上げれてないので満足するまでやってみることに)

今年の4月に念願のGPSサイコンとしてレザインのサイコン・「MEGA XL GPS」を買いました。

 

f:id:youlin2011:20191204012052j:plain

そういえばこれについても書いていなかったんだっけ。割と大きな買い物なのに()

神戸三ノ宮のヤマダサイクルにて「同価格帯では最も高性能」と太鼓判を押され購入。

確かに、同じ価格(それ以上か?)の対抗機種はGarmin Edge130などなど。それと比べると確かに性能は上だと思う。

このMEGA XL GPSの最大の売り?は縦横両方で使えること。

これはどうなんでしょうね。僕は基本的に横で使っているし、そのほうがカッコいい(笑) 好きに使ってください。

レザインのサイコンは基本的にスマートフォンBluetoothで接続し、スマートフォン上の専用アプリ「GPS Ally v2」で各種設定をする仕組みになっています。

だからガーミン使ったことない自分はよく分からないけど、「スマートフォンがないと何もできない子」らしい。まあでも現代人はスマートフォンを持っていないことはないから全然問題ない。

ある意味操作の慣れているスマートフォンで表示したい項目の位置を変えたり、行きたいところまでナビゲーションさせることが出来るから個人的にはOK。

そうそう、ナビゲーション機能はめっちゃ便利。「スマホで見りゃいいやん」と思ってた派だけど、いちいち止まってグーグルマップを開いて、背中ポケットに戻して…っていう手間がなくなっただけでもサイコンごときに3万払った価値はあると思っている。

事前に走るルートをルートラボのようにスマホで作ることも出来るし、目的地だけ検索するとそこまでのルートを勝手に作ってくれます。

 

しかしレザインは案外情緒不安定な面があって、スマートフォンとペアリングしないことがたま~~にある。そういう時は電源を切ったりして頑張らないといけないのが少しストレス。同時にメールやLINEの通知もうまく届かなかったり。

ただこういうのはサイコンのアップデートを忘れていることが原因だったりするので、レザインのためにもあまり悪口は言いません(笑)

 

というか、これの前使ってたサイコンがCATEYEの「STRADA SLIM」っていう超シンプルなサイコンだったから、あまりに機能が進化しすぎて半年以上経った今でもあまり使いこなせてないと思う…

あとはGPSサイコンなのでSTRAVAのようなアプリにその日走ったログを投稿することが出来るのも魅力。友達と見せ合いっこしてトレーニングのモチベーションを保つことも出来る!(出来てるのか?)

あともちろんバックライトも付いてるので夜になっても普通に見れます。キャットアイのときはこれが付いてなかったので暗くなると何も見えませんでした…地味にツライ。

そして気になるバッテリー持ちは素晴らしいの一言。ガーミンはEdge520(530になってからはかなり改善されたそうだけど)でも1日のライドで持つかどうかと聞く。

もちろんこれは新品でのパフォーマンスで、リチウムイオンバッテリーは充電を繰り返すうちに疲弊してどんどん持ちが悪くなるので、それはいただけないなと。しかしレザインはメーカーが「最長48時間持つ」と謳っています。

48時間も連続使用したことがないので本当かどうかは分かりませんが、朝出発して夜帰ってくるようなライドでもバッテリーが半分ほど残っていました。これはめんどくさがりの僕にはうれしかった。

 

 

しかし!レザインにも致命的な弱点があった!!

純正のマウントがしょぼすぎるんですよね。

「Xロック」というシステムのマウントで、押し込んでねじらないとサイコンが取れないというもの。でもこれのせい?でめちゃくちゃグラグラするんですよ。

はじめはTNIのマウントに純正マウントを付けて運用してましたが、ダサいし、グラグラするしで。荒れた路面を走るとサイコンがグラグラして文字が見えないほどです。

せっかくサイコンが素晴らしい分、ここが非常にもったいない。

で、レザインは純正のアウトフロントマウントを出しているんですが。

 

 

質感がとてもチャチな割に、意外といい値段する…

そしてこれはサイコン“のみ”取り付けるマウントのため、ライトはハンドルバーに付けることになります。それは嫌だったんですよね…

レザインからライトも付けれるアウトフロントマウントも発売されてはいますが、これはレザインのライトをつけるもの。僕のライトはCATEYEのVOLT400なのでこれはナシです。

 

じゃあどうするか?

“レックマウントがあるじゃない。”

というのも、レザインはサイコン界隈ではシェアが小さいのか、それ用のマウントを発売するメーカーがとても少ないです。

レックマウントがあるじゃない、というよりはレックマウントしかない、ですね。

レックマウントのアルミ製マウントは主に両持ちタイプと片持ちタイプに分けられています。

 僕が買ったのは、片持ちタイプです。

 

f:id:youlin2011:20191204020326j:plain

ああ、プロっぽい…

こんなアルミ部品で5000円以上もしましたが、ハンドル回りはすっきり。満足です。

レックマウントは純正と違いグラグラすることもなく、がっちりサイコンを固定してくれます。

外す時も押し込むことは不要で、ただねじるだけ。

 

純正よりサードパーティー品の方が高性能、なんてこともあるんですなあ。

おしまい