ユウのよしなしごと|アウトドアブログ

適度なアウトドアで生活を豊かに。

ハンドルデバイス用マウントのススメ

スポンサーリンク

こんにちは。

 

皆さんはどのようなマウントを使われてますか?

 

ハンドルにはライト、サイコンなど各種デバイスを付けてると思いますが、

 

そのまま付けるのはなんとなくダサい…

 

またマウントあるなしではサイコンの見やすさがめっちゃ変わると思います。

 

ヒルクライムイベントではマウント自体の自重すらも気にして付けない人もいたりしますが、普通に使う分には絶対あった方がいいと思います。

f:id:youlin2011:20180805011049j:plain

初めてその類いのものを買ったのがTNIのものです。

 

 

このカーボン柄の棒にライトとメーター、ベルをつけてました。

ハンドル自体はすっきりしましたが、今度はこの延長マウント自体の見た目がよろしくなく… 

次なる手を考えました。

 

f:id:youlin2011:20180805010852j:plain

 

f:id:youlin2011:20180801230959j:plain

次はSCOTT(カンパ時代)の写真でも出てきたREC‐MOUNTSのもの。

 

これはTYPE₋18ですね。

f:id:youlin2011:20180805012053j:plain

 

こんなヤツ。

 

レックマウントのは大体アルミ製で割と値が張りますが、僕のはプラ製で安かったです。大体3000円くらい。

 

 

プラスチックということで重たいライトは積めなかったりと制約もありました 。

 

しかしクランプ部分の精度が悪かったのか、そのままでは固定ボルトを締めてもグラグラしてました。

しょうがないので、ハンドルにビニールテープを巻いて調整することで対応しました。

 

2年弱使ったところで、固定ボルトのねじ山が舐めてしまい使えなくなっちゃいました。

 

少しの間マウントを使わない期間がありました。

f:id:youlin2011:20180805012846j:plain

 

ライトはクイックリリースのボルトを交換するタイプのマウントに付けてました。

KCNCのライトアダプター。

 

これ、実はクイックのグレードによってはもともとのボルトより軽いので使うだけでちょっとの軽量化になったりします。

 

フォークのシュッとした感じが無くなってしまうので今は使ってませんが、GoProを買ったときはまた使うかも?知れません。

 

けどやっぱり視線移動がつらいので、新たにマウントを買う運びとなったのです。

 

K-Edgeとかレックマウントのtype16とか、いろいろ探しましたがどれも高いです。

 

また僕の使ってるのはキャットアイのサイコンなので、その縛りもあります。

 

そこで見つけたのがこれ。

 

 

f:id:youlin2011:20180805010124j:plain

なんだこれは…

 

これはステムの下ボルトを利用したタイプのデバイスマウント。

 

 

なんといってもこの安さ。1000円ちょいでマウントが買えるのはヤバいです。

ちなみにアルミ製とこれもヤバい。

色も選べちゃいます。

そしてガーミンを基本にキャットアイ、ブライトンのサイコンに対応しています。

 

 

f:id:youlin2011:20180805013738j:plain

外への突き出し(リーチ)も80㎜と比較的長く、とてもサイコンが見やすいです。

 

キャットアイのライト用のアダプターは付属してませんが、レックマウントの補修パーツで対応させることができます。

 

これ、もっと流行っていいと思うんですけどねえ。おすすめです。

 

ステムボルトをいじるのでトルク管理はしっかりしないとな、とは思いますね…

 

とりあえずマウントは現状これで満足してます。 ハンドルに何もつけなくていいことで、よりいろんな持ち方ができるのでライドにも少しいいことがあるのではと思います。